文句の付けようがない風俗

お小遣いの範囲だからこそクーポン

結婚してお小遣い制になると、自分で使えるお金が劇的に減りました。それまでは独身だったので給料日前にピンチに陥るようなことが珍しかったんです。でも今ではお小遣い制となったので、昔みたいにむやみやたらに使っていると、給料日前は大ピンチですよ(苦笑)だから風俗への考え方も変わりました。独身の頃は何を気にするでもなく、自分の遊びたいように遊んでいたんです。でも今はとりあえず計画的になりますよね(笑)むやみやたらに数を打てなくなったので、ポータルサイトとかホームページなどのツールでしっかりと女の子をチェックして、さらにはクーポンまで探します。クーポンを探さないと勿体ないし、何よりも思ったのはクーポンである程度安くしないと、お小遣いの範囲では風俗を楽しめないって言う悲しい現実です(苦笑)立場を考えたら風俗から卒業するのが良いのかもしれないんですけど、まだまだ男として楽しみたいんですよね。だから頼みの綱はクーポンです。

残業の後の密かな楽しみなんです

務めている会社は別に居心地は悪くありません。ただ一つだけ残念なことがあって、それは週末に残業が多いことです(笑)週末くらい開放感で楽しみたいじゃないですか。でも休前日なのに終電帰りとかもあるんです。帰りの電車では一杯引っ掛けてきたであろう人もいますけど、自分は普通に会社帰り…。まぁそれくらいしか不満がないのはいい会社ってことなんじゃないかなって思うんですけど、残業時間に関しては区々なんです。短い時もあるので、そんな時には風俗ですね(笑)残業するとそれなりに疲れるのは事実なんです。だからそこで風俗でもって思って楽しむのが自分のちょっとした楽しみなんです。ただ、あまりにも残業が長すぎた場合には風俗店ではなく、家にデリヘル嬢を呼ぶケースの方が多いですね。家でのプレイであれば時間を気にする必要もないので、自分の好きなように楽しめるじゃないですか。そこはやっぱり大きな魅力かなって気持ちがありますよね。