文句の付けようがない風俗

道具の方が燃える部分はある

自分で攻めるよりも、風俗嬢を攻めるのであれば道具に頼った方が良いんじゃないかなとは思いますけどね。なぜなら、道具を使った方が風俗嬢も気持ち良さそうなんですよ(笑)そりゃそうですよね。AV男優のような男性が攻めるのであればとっても楽しいと思いますし、風俗っていう仕事の時間ではあっても本気で感じることもあると思うんですよ。でも素人の自分が攻めたところで、風俗嬢からすればそこまで特別感じる訳ではないんじゃないですかね(笑)むしろ痛かったり、ちょっと快感がずれていたりってこともあるかもしれません。でも道具であれば確実に快感を与えられるじゃないですか。実際に道具を使った方が風俗嬢も気持ち良さそうにしてくれるので、自分は最近ではオプションで電マやバイブを使うケースが増えています。その方が満足してくれるし、その姿を見ているこっちの興奮だって高まりますし、何より体力を消費しないのでそれで十分なんじゃないですかね(笑)

こだわるポイントとは?

どの部分にこだわるのかは人それぞれですけど、こだわりもまた、自分の風俗経験によって左右されるものなんじゃないかなとは思いますけどね。実際に風俗嬢と何度も遊んでいると自分の求めている形もおぼろげながらに見えてくると思うんですよ。だから何度も遊んでいるうちに見えてくるということは、初めから意識する必要はないんじゃないかなとも思いますけどね(笑)どうしても初めからあれこれ考えてしまいがちになるじゃないですか。そうじゃなくて、初めは何となくいろんなジャンルで楽しんで、次第に自分の好みを絞っていく方が理想に近づけるんじゃないかなって思いますよ。事実、自分もそうでした。当初からあまり深く考えていた訳ではなかったんです。ここまで考えていた訳じゃなく、本当に何となく選んでの繰り返しをしているうちに、自分の理想の風俗嬢の形が見えるようになってきたんです。だからあまり深く考えることはないかなって思うんですよね。