文句の付けようがない風俗

憂いを消してから行きます

風俗に行くのであれば、気持ちをすべて風俗嬢に向けたいんです。だから憂いと言うか、仕事のことだとかは残さないように気を付けています。そうじゃないと勿体ないと思うんですよね。というのも、風俗で楽しむからには、風俗以外のことを考えたくないんですよ。だって女の子に奉仕されている時に「そういえばあの書類どうなったかな」とか思いだすのは嫌じゃないですか(笑)何も心配することもない状態でこそ、楽しみたいんですよね。そうじゃないと勿体ないと思うので、風俗を楽しむ時は、すべて仕事のことを片付けてからです。だから平日の真ん中よりは週末ですね。平日の真ん中だとどうしても仕事のことを考えなければならないんです。それなら週末や休前日など、仕事のことを一切考えなくても良いシチュエーションの時に楽しんだ方が、自分の満足度だって全然違うものになると思うんです。というよりも、それが自然の道理ってやつなんじゃないかなと思いますし。

風俗って気持ちが出ますね

風俗って自分の気持ちが出るなって思います。楽しみたいという気持ちも出ますし、自分の深層心理に隠されている欲望に気付かされることもあります。自分が気付かされたのは、割とSなんだなと(笑)それまでは、そんなことは意識したことなかったんですよ。でも、風俗のオプションで縛りプレイがあるのを見て、ちらっと興味を持ったんです。女の子を縛りたいなと。縛ってのプレイはもしかしたらなかなか面白いものなんじゃないのかなって。それで縛りプレイで楽しんでみたんですけど、これが相当面白かったんですよ。これぞ自分が求めていたものかもしれないって。あれだけワクワクしたのは初めてかもしれません。とにかく自分自身、これは最高に面白いなって思ったし、心の底から満たされている自分に気付いたんですよね。そんな趣味があるとは自分でも思っていなかっただけに、かなり驚きましたけどそれがとっても楽しかったので、それ以来風俗では縛りプレイが定番です。