文句の付けようがない風俗

首輪の視覚的な興奮

風俗嬢に首輪をしてもらったんです。縛るためだったんですけど、別にどこかに固定するとかではなく、取り敢えず首輪だけしてもらったんですけど想像以上に興奮しました。首輪をしている女の子とのプレイなんてまず有り得ないですもんね。それだけに、目の前の女の子が首輪をしているというその現実だけでも興奮しました。何をされるにしても「風俗嬢にしてもらっている」ではなく「首輪をしている女の子にしてもらっている」になるんです。興奮しない訳がないじゃないですか(笑)首輪をしている女の子にフェラをされるだけでもこっちからすれば相当な興奮が待っていると思うんですよ。まさに非日常そのものと言うか、あれだけ興奮するとは自分でも思っていなかっただけに、正直言って本当に興奮させられましたし、たまにはこういったアイテムを使って風俗を楽しむのも悪くはないなって思いました。もしかしたら自分が思っている以上の興奮が待っているかもしれないんですしね。

人妻風俗嬢の「リアル」があった

人妻風俗嬢の中でもお気に入りがMちゃんです。彼女はとってもリアルなんですよね。彼女とは「風俗嬢と依頼したお客」という関係であることは弁えています。自分でもそれ以上の関係を築きたいって思っている訳ではないんです。それでもです。彼女のあのリアルさは自分の中で相当な気持ちにさせてくれたんですよね。デリヘルだからと言うのもあるかもしれないんですけど、彼女との時間は「風俗を楽しんでいる時間」ではなく「不倫している時間」のように錯覚してしまうんです。それこそが彼女のリアルさですよね。彼女の雰囲気なのかたたずまいなのか。細かい理屈までは分かりませんけど、あれだけ興奮させられるとは思わなかったあの初回の出会い以降、毎回彼女を指名するようになりました。彼女の感じ方やこちらへの接し方など、すべてがまるで不倫をしているかのような気持ちになれるんです。彼女の魅力にハマってしまったら、なかなか抜け出せないんじゃないかなと(笑)